【背中脱毛の回数・期間】何回でツルスベになれる?

【背中脱毛の回数・期間】何回でツルスベになれる?

背中を脱毛する際に気になるのは、何回くらいエステやクリニックに通えばよいのかという点です。
エステとクリニックでの脱毛回数の違いや、背中を脱毛する際に知っておきたい「硬毛化」のリスクなどについて、詳しく解説します。gahag-0116561555-1

背中脱毛で必要な回数と期間

背中脱毛で必要な回数と期間は、エステサロンでの脱毛を選択した場合と、クリニックでの医療脱毛を選択した場合とでは大きく異なります。

脱毛サロン(光脱毛)

エステサロンで脱毛を行った場合、効果を実感できるまでには6回~8回ほど施術を受ける必要があります。
期間にすると約1年から1年半ほどで、これくらいの期間が経過するまではなかなか効果を感じられない場合も少なからずあります。

自己処理が必要ないくらい肌がツルツルになるまでには、少なくても12回、毛質や体質によっては18回以上の施術が必要になることも少なくありません。
期間にして2年~3年かかる場合もありますので、結婚式などの予定に脱毛を間に合わせたい方は要注意です。

また、人気のエステサロンでは脱毛をしたい人に対してサロンの数が足りず、なかなか希望の時期に予約がとれないことも少なくありません。
順調に予約がとれない場合はさらに脱毛期間が長くなりますので注意が必要です。

医療クリニック(レーザー脱毛)

クリニックでの医療レーザーを用いた脱毛を受けた場合、毛質や体質などで個人差はあるものの、5回~6回程度で効果を実感し始める方が多いです。
毛周期に合わせて最短で予約を入れることができると想定した場合、期間にしておよそ1年ほどで効果を実感できると考えられます。

9回~10回ほど施術を受ければ、面倒な自己処理の必要がなくなるほどムダ毛が処理される方がほとんどです。
期間にしておよそ1年半ほどですので、エステサロンで脱毛した場合よりも短い期間で脱毛を完了させることができます。

クリニックとサロンで回数が異なる理由

上記で解説した通り、クリニックで脱毛した場合とエステサロンで脱毛した場合とでは、脱毛までに必要な施術回数が大きく異なります。
これは、医療脱毛とそれ以外の脱毛とでは脱毛効果に大きな差があるからです。
医療脱毛では、医療機関でしか取り扱うことのできない、「医療用レーザー」を使用することができます。
高出力なレーザーを使うことでより大きなダメージをムダ毛の毛母細胞などの組織に与えることが可能になります。

これに対し、エステサロンでの脱毛は、医療機関以外でも取り扱えるような出力の機器しか使うことができません。
施術1回でムダ毛に与えるダメージが小さくなるので、必然的に脱毛効果を得られるまでの回数や期間が長くなっていくことになります。
痛みが少ないことや、費用が安いことなど、エステサロンでの脱毛にも多くのメリットはありますが、できるだけ短い期間で脱毛をしたい方にはクリニックでの医療脱毛がおすすめです。

他の部位との回数比較

  ワキ 背中
クリニックでの脱毛 6回 6回 4回 9回
エステサロンでの脱毛 14回 14回 10回 10回

上の表より、いずれの部位でも、エステサロンよりクリニックのほうが早く脱毛できることがわかります。
また、腕や脚、ワキなどに比べ、背中脱毛は脱毛完了までにかなり長い期間を必要とすることがわかります。

背中脱毛は効果が出にくい

上記のとおり、背中脱毛はその他の部位に比べて脱毛効果が出るまでに長い期間が必要になる部位です。
これには、背中のムダ毛の毛質が関係しています。

黒くて太い毛が生えるワキなどと異なり、背中には産毛のような細い毛が生えています。
クリニックでの医療脱毛やエステサロンでのフラッシュ脱毛は、特殊な光を毛の黒い色の元となっているメラニン色素に反応させることでムダ毛にダメージを与える仕組みになっているため、太くて色の濃い毛には効果が出やすいという特徴があります。

そのため、毛が太いワキなどでは比較的早く効果が出る一方で、産毛のような細い毛が生えている背中ではなかなか効果が出ず、脱毛効果を得られるまでに長い時間がかかってしまうケースが多いです。

毛深い人は何回脱毛すれば良い?

前述の通り、エステサロンやクリニックで行う脱毛施術は、体質や毛質によって効果が大きく異なります。
毛の量が少ない方に比べ、もともと毛深い人はそれだけ長くサロンやクリニックへ通う必要がある場合が多いです。
背中脱毛ではクリニックの場合が約10回、エステサロンの場合が約18回でほぼ自己処理が必要ないレベルまでムダ毛を処理できるとされていますが、毛深い型の場合はこの限りではありません。
契約時に多めに回数を見ておくか、脱毛し放題プランのあるクリニックやエステサロンを選ぶことをおすすめします。

背中脱毛は硬毛化のリスクがある

レーザー脱毛や光脱毛を受けると、もともと細かった毛が太く、硬くなってしまう場合があります。
この現象を「硬毛化」といいます。
硬毛化の原因は明らかにされていませんが、レーザーなどの熱や光が毛の成長を活性化さえてしまうことが原因ではないかと考えられています。

通常、クリニックやエステサロンで脱毛をする場合、特殊な光をムダ毛に含まれるメラニン色素に反応させ、毛の成長に関わる細胞を破壊します。
毛母細胞などのムダ毛の成長に関わる細胞を破壊するほどのエネルギーが与えられればよいのですが、メラニン色素の少ない細い毛には十分なエネルギーが与えられないことも多いです。
そうした場合に、中途半端な強さの刺激を加えられたムダ毛の毛母細胞が活性化し、硬毛化が起こります。

硬毛化が起こると、ムダ毛を脱毛するはずだったのにかえって毛が太くなってしまうため、本当に脱毛できるのか不安になってしまう人も多いでしょう。
しかし、硬毛化が起こることでメラニン色素を多く含む太い毛が生えてくるので、そのまま脱毛サロンやクリニックに通い続けてレーザーなどを照射し続ければ、いずれきちんと脱毛できます。
気になる症状ではりますが、必要以上に硬毛化を恐れる必要はないと言えるでしょう。

硬毛化は、産毛のような細い毛が生えている箇所の脱毛で起こりやすい現象です。背中をはじめ、肩やヒップ、おなか回りなどで多く見られます。

硬毛化保証のあるクリニックがおすすめ

脱毛の施術を受け続けることできちんと処理されるとはいえ、硬毛化が起こってしまうとその分サロンやクリニックに通う回数を増やさなければならなくなってしまうというデメリットがあります。

こうした硬毛化の不安を解消するためには、「硬毛化保証」のあるクリニックを選ぶことをおすすめします。
硬毛化保証があるクリニックでは、硬毛化が発生してしまった場合、契約のコースが終了したあとも定められた一定期間であれば無料で再施術を受け付けるなどのサービスを行っています。
エステサロンの脱毛施術は安価である一方、こうした手厚い保証が受けられるサロンはほとんどありません。
硬毛化が心配という方は、こうしたサービスのあるクリニックを選びましょう。

背中脱毛の回数は多めに見積もって

ここまででお伝えした通り、背中は毛が細く、その他の部位と比べるとレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の効果が得られにくい部位です。クリニックやエステサロンで背中を脱毛する際は、硬毛化のリスクなども把握しつつ、施術回数をやや多めに想定しておくことが大切です。各種プランや保証、料金などを細かくチェックし、自分に合った脱毛プランを選ぶようにしましょう。