背中のムダ毛の剃り方・除毛クリームの使い方について

腕や足・ワキなど自分の目で確認できる部分をカミソリで処理するのは、それほど難しいことではありません。
しかし、背中は薄着の時にムダ毛が目立つ場所であるにもかかわらず、手も届きにくく、目で見て確認しながら剃ることができないので処理に手間取る部位です。
ここでは、多くの人を悩ませる背中のムダ毛の処理について、詳しく解説します。
gahag-0118459195-1

背中のムダ毛を剃る際の注意点

背中のムダ毛を処理する際は、肌に負担をかけず、ケガをしないようにすることが大切です。
背中のムダ毛を剃る際の注意点について解説します。
 

カミソリは肌荒れを起こす可能性がある

背中のムダ毛処理に限った話ではありませんが、カミソリでのムダ毛処理は肌を傷めやすく、肌荒れを引き起こす原因となる場合があることを把握しておく必要があります。
カミソリでのムダ毛処理は刃物を直接肌に当ててすべらせる方法であるため、ムダ毛と一緒に皮膚の表面を削り取ってしまっています。
肌にダメージが及ぶことで乾燥したり、肌への刺激に対する防御反応で色素沈着が引き起こされたりする他、ニキビの原因となることもありますので注意が必要です。 

自分で処理するのは危険

 
背中のムダ毛をカミソリなどで処理する場合は、自分の目で確認しながら剃るということができません。
鏡などを使う方法もありますが、やはり直接自分の目で見る場合とは勝手が違います。体が硬い方は特に思うようにカミソリを上手に背中に当てることができず、剃り残しを発生させて背中がまだら模様になってしまうことも。
剃り残しだけなら見栄えが悪いだけで済みますが、うっかり刃をすべらせてケガをしてしまう可能性もあります。
剃り残しやケガを防ぐためには、家族や彼氏などに剃ってもらうのがよいでしょう。

しかし、人によっては家族と離れて暮らしていたり、ムダ毛処理を手伝ってくれるような間柄の人がいなかったりということもあるでしょう。
そうした場合は、柄の長い背中専用のシェーバーを使用するのがおすすめです。
必ず合わせ鏡の状態を作り、できる限り目で確認しながらムダ毛処理を行うようにしましょう。

シェーバーで背中を剃る方法

シェーバーで背中を剃る方法は、腕や足、ワキなどを剃る場合とほぼ同じ手順で行います。

・シェービング剤を塗布する
カミソリは、毛と一緒に皮膚を削り取ってしまう道具です。
できる限り摩擦を少なくして肌へのダメージを少なくするために、シェービング剤の泡を肌とカミソリの間に挟み、肌を保護しましょう。
ボディソープなどでも代用は可能ですが、肌への刺激を考えるときちんとシェービング剤を使用したほうがよいでしょう。
背中は面積が広く、手が届かない部分も多いですので、長めの定規やヘラなどを使うとよりスムーズに塗布できます。

・鏡を使いながら剃る
正面と反対側に大きな鏡を用意し、合わせ鏡の状態を作って毛を剃っていきます。
前述の通り、できれば背中用の柄が長いシェーバーを使用するのがおすすめです。
鏡で位置を確認しながら慎重に剃り、くれぐれもケガをしないよう、慌てずゆっくりとムダ毛処理を行うようにしましょう。

・保湿をする
背中のムダ毛処理が終わったら、化粧水やボディクリームなどでしっかりと保湿を行いましょう。
ムダ毛処理後のアフターケアを怠ると乾燥を引き起こし、背中ニキビや皮膚の炎症を引き起こしてしまうこともあります。
手が届きにくく、ケアもしにくい部位ではありあすが、きちんと保湿を行うことが大切です。

除毛クリームならセルフで処理しやすい

腕や足ならいいけれど、自分で見えない部分にカミソリの刃をあてるなんて無理!という方や、肌へのダメージが気になってカミソリでの背中のムダ毛の処理をためらう方も少なくないでしょう。
そうした場合は、除毛クリームを使用したムダ毛処理がおすすめです。

除毛クリームで背中のムダ毛を処理する方法

 
・説明書をよく読む
まずは、購入を検討している除毛クリームの説明書をよく読みましょう。
商品によっては、背中への使用を前提としていないものもあります。
背中にも使用できると明記されているものを選ぶようにしましょう。

・パッチテストを行う
除毛クリームには毛を除去するはたらきのある、強い薬剤が含まれていますので、場合によっては肌に合わずトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。
実際に除毛クリームを使ったムダ毛処理を行う前に目立たない場所でパッチテストを行い、肌トラブルが起こらないことを確認してからムダ毛処理を行うようにしましょう。

・蒸しタオルを当てる
時間に余裕があるときは、クリームを塗布する前に蒸しタオルを当て、皮膚を温めておきましょう。
毛穴を開いておくことで、クリームが効果的にはたらきます。

・クリームを塗布する
準備がととのったら、背中にクリームを塗布していきます。
背中は面積が広い分手が届きにくいところが多いですので、ヘラやスポンジなどの道具があるとまんべんなくきれいに背中へクリームを塗り広げることができます。

・説明書の時間通りに放置する
クリームを塗りこみ終わったら、説明書に書いてある時間の通りに放置します。
放置する時間が長すぎると肌へ負担がかかり、肌トラブルの原因となってしまうこともありますので、時間をきちんと守ることが大切です。

・クリームを取り除く
時間が経ったら、クリームを肌から除去します。
除去方法についてはクリームによって異なるので、説明書にしたがってクリームを取り除きましょう。
クリームがとれたら、シャワーなどで背中を洗い流して完成です。

・保湿を行う
カミソリでのムダ毛処理のときと同様に、ムダ毛を処理したあとは保湿を行うことが大切です。
化粧水やクリームなどで保湿を行い、肌トラブルを未然に防ぎましょう。

背中脱毛におすすめの除毛クリーム

除毛クリームといってもさまざまですが、初めて除毛クリームを使う方には、ドラッグストアなどでも入手でき、値段が手ごろな「ヴィート 除毛クリーム」などがおすすめです。
1000円以下で購入できるので経済的ですし、ムダ毛処理グッズで有名な大手メーカーのものですので安心です。

その他、さまざまなメーカーからいろいろな除毛成分や美容成分が配合された除毛クリームが発売されていますが、購入前に使用方法や使用上の注意などをよく確認した上で購入するようにしましょう。
前述の通り、使用前にパッチテストも忘れずに行うようにしてください。

除毛クリームのデメリット

 
・肌への刺激が強い場合がある
肌トラブルが起こらないよう、成分にさまざまな工夫が施されている除毛クリームが多いですが、皮膚が弱い方にとっては刺激が強く、炎症やニキビなどの肌トラブルが引き起こされてしまう場合もあります。
抗炎症成分が含まれているからといって過信せず、パッチテストなどで炎症が起きないか確かめることが大切です。

・効果が出ない場合がある
除毛クリームにはさまざまな除毛成分が含まれていますが、毛質や体質によってはあまり効果が実感できない場合もあります。
いざ使ってみたら全く効果がなかった…ということも十分あり得るので、いきなり高価なクリームを使うのは避けたほうがよいかもしれません。

・髪に付着しないよう注意する必要がある
除毛クリームには毛を取り除いたり、溶かしたりといったはたらきをもつ成分が含まれているので、誤って髪の毛に薬剤が付着しないようにすることが大切です。
ムダ毛処理を始める前に髪をしっかりとまとめ、背中につかないようにしておきましょう。

自分で剃るより脱毛サロン&クリニックがおすすめ

カミソリや除毛クリームなどによるムダ毛処理には自宅で手軽にできるという大きなメリットがあります。
しかし、どちらも肌に少なからずダメージを与える方法ですので、乾燥やニキビなどの肌トラブルや、肌に刺激を与えることによって発生する色素沈着などを引き起こす可能性があります。

こうした肌トラブルや色素沈着を防ぐには、思い切ってエステサロンやクリニックなどで行われる光脱毛やレーザー脱毛を始めてみるのもひとつの方法です。
半永久的にムダ毛を生えないようにすることができる上、自己処理をする必要がなくなるので自然と肌トラブルも起こりにくくなります。

エステサロンやクリニックで脱毛の施術を受ける場合は事前にムダ毛を剃っておく必要がありますが、背中など自分で剃るのが困難な部位はサロンやクリニックで剃ってもらえる場合がほとんどです。
プロに任せることができるので安心して施術を受けることができます。

>>脱毛サロン&クリニックでカウンセリングを受ける前にコチラをチェック!

 背中脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
背中脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP