気軽に始める背中のうぶ毛対策

気軽に始める背中のうぶ毛対策

普段は気にならないけれど、ふと鏡を見た時に気にかかる背中のうぶ毛。皆さんはどうしていますか?
腕や足と違い、普段しっかりと見ないところのムダ毛こそ要注意です。
たとえば、胸や乳輪周りや、へそ下など、お風呂に入った時に自分で見える範囲でも、注意深く見ることがありませんが、見てみたらしっかりとムダ毛があった!なんてことも。
ムダ毛処理の方法はたくさんありますが、全体を自分の目では見られない背中となると難しくなりますよね。
しかもうぶ毛となると脱毛クリームを塗るほどではないし、カミソリを使うにも手が届きにくいし…なにか気軽に処理できる方法があるばいいなと思いませんか?
そんな時にオススメな方法が、うぶ毛とりタルです。

うぶ毛とりタオルって?

薬局や雑貨店に行くと目にするうぶ毛とりタオルは、女性の間でとても人気となっています。
その名の通りタオルとして使うので、カミソリやクリームと違って肌への負担が軽くなるので、除毛の際に発生しがちな肌トラブルを防ぐことが出来ます。
お風呂場に置いておけば、体を洗うついでにさっと除毛出来るのも嬉しいポイント。首周り、うなじから、肩周りも背中全体を簡単にツルツル素肌にできます。背中ニキビやニキビあとでお困りの方も、古い角質も一緒に除去できるので、改善だけでなく、予防もできます。
現在は様々なメーカーが商品を出しており、水で濡らすだけのタイプや、ボディソープなどと合わせて使うことが出来るタイプなど、様々なタイプがお店に並んでいます。
カミソリや、電動シェーバーなどと違い、自分の目で見えないところも擦れば処理できるのが嬉しいですね。

タオルの仕組み

一般的に、背中のうぶ毛に対応しているタオルには、シルク生地が使用されています。タオルで背中を擦ればシルクの繊維がうぶ毛を絡め取り、綺麗な肌へと仕上げてくれるのです。
除毛剤などと違って、特別薬剤なども使用せずにしっかりと除毛することができます。
ここで注意したいのは、力任せに摩擦をしないこと。
過度な刺激は肌にとって最大のNG行為です。優しく肌を撫でるようにするだけでも充分効果があるので、絶対にゴシゴシしないようにしましょう。
また、ボディソープや石鹸を使うタイプなのに、水で濡らしただけの状態で使用するなど、タオルの使用条件に反したこともやってはいけません。肌に余計な負担をかけるだけになり、お風呂から上がったら真っ赤になっていた等、肌トラブルの原因となります。

使用タイミング

うぶ毛とりタオルのネックは、その効果の持続期間が短いこと。
毛根から除去する訳ではないので、時間が経てばまた生えてきてしまうことです。
しかし、あまり短期間で使用するのも、肌にはあまり良くありません。大体2週間ほど時間を置いて脱毛しましょう。
化粧水などでしっかり保湿して夏の水着の時に、ムダ毛がなくなっているだけでなく、肌も綺麗でいられると嬉しいですよね。
また、タオルで脱毛するのに適しているのは、細く薄いうぶ毛であり、通常のムダ毛には効果がありません。そのため、仕上がりに部分的にムラが出来て、斑点のようになってしまうこともあるようです。

2ude-1
タオル自体は高価なものではないので、「自分のうぶ毛は大丈夫かな」と思ったら、試しに使ってみると良いでしょう。手軽に始められるのも、うぶ毛とりタオルの魅力です。

背中をツルツル美肌に!

うぶ毛とりタオルは、なるべくお金をかけずに、必要な時にだけ処理が出来ればよいという方にはぴったりのアイテムです。
今までより、背中のムダ毛の量を減らしたい方や、毛自体を目立たなくしたい方には脱毛サロンの光脱毛か、医療脱毛のレーザー脱毛がおすすめです。
どうしても除毛だけですと、ずっと変わらずにムダ毛は生え続けます。
うぶ毛とりタオルは気軽に始められる背中ムダ毛ケアですが、ムダ毛がなくなれば肌を傷つけることなく背中をキレイに保てます。