産毛だからって油断しないで!背中脱毛の仕組み

産毛だからって油断しないで!背中脱毛の仕組み

なかなかお手入れが行き届かない背中のムダ毛。
自己処理するにしても背中は手が行き届かないし、クリニックやサロンは時間とお金が掛かってしまう…というのは、多くの女性の悩みところです。
中には「脱毛してもムダ毛は無くならないし」という意見もありますが、事実はどうなのでしょうか。

脱毛の実態とは

医療機関やクリニックの医療レーザー脱毛と、エステサロンで主流となっている光脱毛ですが、この二つは威力に差がありますが脱毛の原理は実は同じなのです。
体毛の先端には栄養を溜め込んだ部分、毛母細胞と、生えている毛に栄養を送っている毛乳頭があります。
そこへレーザー、または光を照射します。
それによって毛母細胞と毛乳頭にダメージを与え脱毛を行うのです。
この脱毛方法は、一度で全てのムダ毛が無くなる訳では無く、現在肌の外側に出ているムダ毛のみを除去しています。
体毛が生えるには毛穴や箇所ごとにサイクルが存在し、脱毛はそのサイクルに沿って行われます。
注意したいのが、脱毛と言えど完全にムダ毛を無くす訳ではないということ。
現在エステサロンでの光脱毛は、体毛を徐々に薄くし、目立たない状態に持っていく、ということです。
二度と生えてこないようにする永久脱毛とは違います。

するだけ無駄?脱毛の必要性

脱毛とうたっているのに生えてくるなんて、と思う人もいるでしょう。
しかし、体毛は人間の肌を摩擦から守るものなので、完全に生えてこないようにするには現状では難しいのです。
女性の場合は妊娠や出産などのタイミングで特にホルモンバランスに変化があるタイミングで、ムダ毛の様子が変わったというケースも多くあります。
では脱毛なんて意味がないのかというと、そうではありません。
お手入れを繰り返すことで、濃いムダ毛はうぶ毛レベルにまで薄くすることも可能です。
日本人は黄色人種なので、うぶ毛程度ならば目立つことが無く、肌を見せる服装でも気になりません。

背中のムダ毛について

話を背中に戻しますと、背中のムダ毛は腕、脇や足に比べると色素が薄く、脱毛を行っても効果をあまり実感出来ない人もいるようです。
腕などの脱毛を行っている人は、その肌色と見比べてしまうので、なおさら背中のムダ毛が無くならないように感じるのでしょう。
しかし脱毛の技術は全身のムダ毛に対応しているので、一部分にのみ効果がない、という可能性は低いです。
その場合は脱毛方法自体が肌に合っていないか、脱毛後の保湿がしっかりなされていないのかもしれません。

背中の脱毛は単にムダ毛を除去するだけではなく、肌トラブルを防ぐ効果もあります。

産毛を脱毛するには

たしかに背中のうぶ毛には脱毛の効果は出にくく感じられます。
そこで注目すべきなのは、顔脱毛を売りにしている脱毛サロンです。
顔のムダ毛処理って意外と必要なんです。自己処理するにしても肌が薄く、しかも傷になってしまったら当然目立ちます。
でも女性の口周りにヒゲが生えてる、なんてことは避けたい事態です。
顔の脱毛が得意ということは、うぶ毛が得意と言っても過言ではありません。
そこでおすすめなのが「ハイパースキン脱毛」を導入しているDioneの脱毛です。
3歳のお子さんから脱毛できる、かなり脱毛による痛みを抑えた脱毛法なのです。今生えている毛の細胞ではなく休止期の毛の細胞に働きかける光で脱毛していくので、細胞が破壊される際の痛みはほとんど感じないのです。
医療用レーザー脱毛経験者の口コミや体験談を見ると、「永久脱毛は魅力的だけど、あの痛みに耐えられなかった」という方も少ないくないです。
そして、うぶ毛への効果ですが、休止期に働きかけるので、毛の薄さは関係ありません。
傷みなく、確実に背中のムダ毛を毛量から減らしていきたいという方にはぴったりです。

美肌効果がすごい!

ハイパースキン脱毛の光は、肌のハリや潤いを育てる繊維芽細胞を活発にするので、顔を脱毛するだけでなく、フェイシャルエステのような効果も期待できるのです。
しかも、痛みや熱を伴わない脱毛だからこその、日焼けやニキビ、アトピーがあっても施術が出来るという特徴も持ち合わせています。
背中のムダ毛だけでなく、背中ニキビや肌に自信がないなどの悩みも、Dioneの脱毛で本当のツルツル美肌になれたという人もいます。